スペシャリストの智 Presents CRE カンファレンスが2021年1月22日にオンライン開催!

【参加無料!!】フォーム入力の上、是非お申し込みください!!
2022年度の経済動向や企業の不動産戦略についての理解を深めるため、スペシャリストを迎え特別講演と対談の二部編成のオンライン配信型セミナーでご提供いたします。経営者の皆様や不動産取引に関わる法人担当者様必見のイベントを是非フォームより登録の上ご視聴下さい。
 
概要
開催日時 :2022年1月28日(金)13:00~14:50
参加費  :無料(事前申込制)
主 催  :日本経済新聞社
協 賛  :三菱地所リアルエステートサービス
締め切り :2022年1月24日(月)17:30
プログラム:
 
Part‐1【特別講演】13:00~14:00(60分)
「ポストコロナ時代の成長戦略」
コロナ禍を経験した世界経済への影響は、日本の企業にもあらゆる痛みをもたらしました。この2年間は企業にとって「負」であったのか、それとも転機として成長の「種」と見るのでしょうか。このパンデミックが収束した後の経済情勢をどのように予測するのか、再構築する分野はどこなのか。2006年米コンサルティング・マガジン「世界でもっとも有力なコンサルタントのトップ25人」にも選出された内田和成氏をゲスト・スペシャリストに迎え、2022年の日本経済の行方を独自の観点からお話をしていただきます。
 
 
 内田 和成 氏
 早稲田大学ビジネススクール 教授 
東京大学工学部卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。日本航空を経て、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)へ。2000年6月から04年12月までBCG日本代表。06年「世界でもっとも有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)選出。同年から現職。ビジネススクールで競争戦略論やリーダーシップ論を教える他、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップ・トレーニングも行う。
 
 
 
Part‐2【対談】14:05~14:50(45分) 
「この先の企業不動産戦略」
コロナ禍の中で企業は体力維持のための事業再編や統合合併などをおこなってきました。ポストコロナを見据え企業価値向上のために、不動産も含めた財務体質の再構築に目を向けなければなりません。不動産に詳しい東京大学大学院教授の柳川範之氏と三菱地所リアルエステートサービス企業不動産二部長の大塚裕一が、企業の不動産戦略に関わるデータ分析とともに不動産活用が企業を成長に導く対談をお送りします。
 
 柳川 範之 氏
 東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授
中学卒業後、父親の海外勤務の都合でブラジルへ。ブラジルでは高校にいかず独学生活を送る。大検を受けたのち慶應義塾大学経済学部通信教育課程入学。同課程卒業後、1993年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。慶應大学専任講師、東京大学助教授等を経て、2011年より現職。内閣府経済財政諮問会議民間議員、東京大学不動産イノベーション研究センター長、スマートシティ・インスティテュート代表理事等。

 

 

 大塚 裕一
 三菱地所リアルエステートサービス 企業不動産二部長
デペロッパー勤務を経て2006年に入社。13年企業不動産三部、20年4月より企業不動産二部に所属。企業不動産二部は一般法人上場企業を中心に、企業による不動産経営に対して、中長期的な視点からCRE戦略を提案する専門部署。     
 
 
 
 
※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

上記で④を選んだ方はご入力お願いします。

お申し込みいただきました方には、2022年1月28日配信日の前日を目処にご登録いただいたメールアドレス宛に視聴用URLをご案内いたします。